ジェイエムテクノロジー株式会社

ジェイエムテクノロジー株式会社

ENGLISH
  • トップページ
  • 企業情報
  • 事業概要
  • 採用情報
  • ニュース
  • お問い合わせ

ITソリューション

ITサービス
ITインフラサービス
システム開発
ITプロダクト
Azurenew.gif
IOTnew.gif
C2Connect

半導体ソリューション

半導体サービス
半導体エンジニアリング
FAソリューション
半導体プロダクト
J+Bridge

高度データ活用支援サービス・人材育成

High-Performance Data Management

 


装置とITの知見の融合により製造現場データの活用を支援

 

製造工程データや装置ログデータ、温度・加速度・回転数等のセンサーデータがIoTによりBigData化され、蓄積されています。これらのデータは、製造業にとって非常に価値のあるデータがあり、最新の機械学習やオープンソースを駆使し高度に活用することで、高付加価値を生み出すことができます。

 

一例として、装置故障を事前に予知・適切なタイミング で部品を交換することで、装置稼働率をあげることができるようになります。

 

差し込み用2.jpg

 

 

匠の知見をデータ分析に活かす

 

日本のものづくりの現場には、「匠」と呼ばれる熟練者がいて、その人たちが持っているノウハウは暗黙知です。それをいかに形式知化していくかが、日本の製造業がIoTを進めていくにあたっては成功の鍵と考えます。弊社では、現場の熟練エンジニア(匠の知見)と統計・機械学習アルゴリズムに強いエンジニア(データアナリスト知見)の融合により、新たな価値を提供します。

 


 

 

製造業のCDO育成支援 ~IoT時代における戦略的データ活用人材育成~

 

CDOとはデジタル利活用に関する最高責任者(ChiefData/DigitalOfficer)を意味します。経営層にあり組織横断的な役割を果たし、ビジネス領域を担います。IoTの知識だけでなく、どうビジネスモデルを構築するか、解析してデータをどう活かすのか、そのためには製造業の業務プロセスや現場改善の方法および事業創出手法など、様々な角度で知見を養います。

 

【対象】

・データドリブンビジネスを推進されるCDO組織のリーダーおよび活動の中心となられる方々

・経営企画、マーケティング、営業、生産管理/技術、開発、情報システム、データ分析スペシャリストなど

多角的な部門横断のメンバーなど

 


日数

講義内容

DAY1  オープニング

・CDOの役割・背景・現状/IoTの基本的な考え方 

・最新事例

  (1)新規事業創出事例

  (2)先進的FA/IoTシステム

・IoT新規事業創出の考え方/方法論

  (1)IoTプロジェクトロードマップ

  (2)IoTプロジェクト企画書

DAY2

製造業業務プロセス

・製造業概要/基準情報管理/生販在計画

 /在庫管理/原価管理/製造業の情報システム

 /経営・現場カイゼンの進め方を学ぶ

・現場の無駄管理、無駄を排除

・現場改善と経営効果 

DAY3

 データ分析の実践

・データ分析リテラシー

・データ分析の最新事例(デモ)

・データ利活用の企画力

・CDO/データサイエンティスト組織の編成

・データ分析の失敗事例 

DAY4

複数企業あるいは企業内複数部門メンバーと

協業しCDOの構想策定演習

全体発表/クロージング